www.critiquesdefilmsetinterviews.com

想像できずに不意に遭遇するのが自動車事故です。その場面でどのように判断した内容により自動車保険料の支払金も大きく変わる場合も予測できますので間違えない決断と対応力が大事です。思いつきもしないアクシデントにあって冷静さを失ってしまえば場面を見落してしまい、それから自らが大きな損を負わされる場面もありえるので乗用車の事故をしてしまった場面では正しく以下に記述した処理を行います。自動車の事故を起こしてしまった場面で最初にすべきなのは負傷者の状況の確認です。自動車の事故後すぐは訳が分からずぼうぜん自失となってしまう場面がありなかなか行動できないのが普通です。なので、怪我をした人がいたら危険じゃない場所へ運んで応急な手当して、救急車を呼ぶなどを行い怪我人の優先に努めることが大事です。119番に電話をする場面では適切な現場を連絡し、良く分からない場合には周辺のよく知られているお店や町名を伝えて位置を特定できるようにします。2番目に警察署に知らせ自動車事故が起きた事さらに現在の状況を告げます。救急車とパトカーが来るのを待っている内に怪我人のことを確認します。氏名、住んでいるところ、電話番号、免許証番号、ナンバープレートの番号、事故の相手の方の自動車保険の会社名というお互いの情報を交換します。この時に事故の相手に違反があった場合は現場でやりくりしようとする状況が考えられますが処理するのではなく、どの状況だったにせよ警察や自動車保険会社に連絡して正しく調べてもらいます。各々の情報をやり取りしたら交通の邪魔にならないように邪魔な物を路上からどかします。万が一障害になる物が交通の邪魔になっている状態ではお互いの情報交換をするよりもこれを行ってしまっても問題は起こりません。この後に自らの加盟している自動車保険会社に電話をして、交通事故を起こしてしまった事を届け出ます。事故から一定時間内で自動車保険の会社に知らせておかないと保険の適用除外とされる事態もあるのでできるだけ早く行動することが重要です。出来るのならば交通事故の手がかりとしてデジカメやタブレットなどを用いて事故の現場や自動車の破損が分かる写真をを撮影しておきます。それは落ち度の割合決める際に重要なデータとなるので自分の車や相手方の乗用車の故障個所をちゃんとカメラに残しておくことが大事です。その状況で見た人がいたら警察の方や自動車保険会社の人が到着するまでその場にいて頂くように求めることも必要です。
Copyright © 1999 www.critiquesdefilmsetinterviews.com All Rights Reserved.