www.critiquesdefilmsetinterviews.com

乗用車の「全損」とは名称通り全てが壊れてしまう場合で走れないという状況の自動車としての機能を果たせなくなった場面で用いられますが乗用車の保険で決められている『全損』は多からず異なる意味が込められています。乗用車の保険では乗用車が破壊された状態で【全損と分損】という風に2つの結果に分類され、《分損》は修理の費用が補償金でおさまる状況を表現しそれとは反対に《全損》とは修復のお金が補償金を上回ることを示します。通常では、自動車の修理で(全損)というと車の心臓、エンジンに取り返しのつかない打撃を抱えていたり、乗用車のフレームが曲がってしまったりして修理が難しい場合再利用か処分と判断されるのが一般的です。ですが、交通事故でディーラーや自動車の保険会社が必要な修理のお金を見積もった状況で、どんだけ表面がしっかりとして元に戻すことができる場合でも修理の費用が補償よりも高かったら何のために自動車の任意保険に入っているのか分からなくなるでしょう。こういう場面では、【全損】と結論付けて愛車の所有権を自動車保険の会社へ渡して保険金を負担してもらうことになっています。当然の事ですが長い年月乗った愛車で執着があり自分で修復をしてでも所持したいと希望する車の所持者けっこういらっしゃいますから状況によっては保険会社と話し合ってみるといいのかもしれません。なお、保険の中にはこういう事態のために車両全損時諸費用補償特約等の(全損)の時のために特約つけている場合が多くたとえマイカーが【全損】なった場合でも購入等費用をある程度払ってくれる状況もあったりします。更に盗まれた時の補償金の特約をつけていたら盗まれたマイカーが見つけることができない場面でも全損の扱いとなり、保険金が払われるようになっているようです。
Copyright © 1999 www.critiquesdefilmsetinterviews.com All Rights Reserved.